婦人

オーガニックコスメはブランドの商品が断然効果的

柚子の種で肌が潤います

スキンケア

ペクチンが含まれています

冬になると空気が乾燥し、肌の水分も減少してしまいます。そのため肌が乾燥して人によっては赤くただれてしまうこともあれば、カサカサしてかゆみを感じることもあり、肌に粉が吹くなど乾燥肌に対する悩みを抱える人は少なくありません。水分が減少して発症する乾燥肌に、十分な潤いを与えることでその悩みを改善させることができます。乾燥肌に良いとされているものが、柚子の種です。柚子に入っている種を取り出し、それを焼酎に1週間ほどつけておきます。柚子の種にはペクチンが含まれており、その成分が集中にじわじわの混ざり合い、化粧水として使用することができるようになります。へクチンは強い保湿効果を引き出し、肌につけることで肌の水分をたくさん与え浸透させる働きを行ないます。焼酎はアルコールなのでアルコールの刺激を肌に強く感じてしまう人は、水で薄めて使用すると肌への刺激を弱らせることができます。そして柚子の種をつけた化粧水を肌につけ、手でしっかりと馴染ませることができた後は、絶対に保湿クリームや乳液を付け忘れてはいけません。もし保湿クリームや乳液をつけないでいれば、せっかくつけた化粧水の水分を肌から逃してしまうことになります。保湿クリームや乳液は、肌につけた化粧水の水分や栄養成分を肌から逃さないために、油分でカバーする働きを行なうものなのです。乾燥肌を改善させるためには、化粧水で水分と栄養成分を与え、その後に保湿クリーム又は乳液をつけて肌の潤いを保守していくことが大切です。